スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パワーウエイトレシオ
- 2008/07/13(Sun) -
1馬力当りにかかる重量。

車重+自重÷馬力。


EXC-Rなら

120+80÷30=6.66kg/1hp

ADVなら

160+80÷60=4kg/1hp


数字だけ見ると、ADVの方が早いという事になるが、オフロードの場合、単純には語れませんよね。

体重80kgの私と、体重50kgの人が同じADVに乗って、よーいドンって直線走ったら、やっぱり50kgの人の方が早いのかな?

体重の重い私の方が、トラクションがかかって早いとか?

路面とかタイヤも関係してくるでしょうけれど実際の所どうなんだろう?

1度実験してみたくなりませんか?

そのマシンに1番適した体重ってあるのかも知れない。

その逆で、体重にあったマシンって言うのもあるかもしれない。

でもメーカーは1グラムでも軽くしようと頑張っている位だから、やっぱ軽い方が何かと有利なのかな?

体重落すと、タイムが上がるのだったら、頑張ってダイエットするのにな~w

実際の所、どうなんでしょうねw

スポンサーサイト
この記事のURL | バイク関係 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<崩壊してる~!!! | メイン | レプロゴゲット>>
コメント
--
難しいところですねぇ。
マシンだけの判断ではPWRは一つの基準になるかもしれません。
でも、ここに人間が跨った瞬間、その人間のライディングスキルとか筋力、体力、そして体重なんかの身体的な要素が加わって、マシンのポテンシャルとの最適な組み合わせ?セッティング?が重要になるんでしょうね。それを見つけるのが難しい。
単純に体重減らせば何とかって訳にはいかないですよね。
だから、のりおさん体重は気にせず、今の体重・体格に最適なマシンセッティングをして、スキルを上げてマシンのポテンシャルを最大限に引き出しましょう!
2008/07/13 08:32  | URL | バタヤン #jmQeHThg[ 編集] |  ▲ top

--
㋩バタヤンさん㋩

走る場所やレースの種類によって、それに適合した体やマシンもあるのでしょう。
高速重視のラリーなら、多少重くてもパワーのあるマシンが断然有利ですし(使い切れればw)長丁場に耐えられる丈夫な体も必要ですしね。
病気になりにくい体には、脂肪も必要。
筋力が増えるとそれにともなって骨も太くなり、体重が増える。
ラリー向きになる為に「必然的に今の体になった」という事にしておきましょうw
2008/07/13 18:03  | URL | のりお #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ilovefreeride.blog57.fc2.com/tb.php/302-9198c73c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。