スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ラリーモンゴリア2009レポ ETAP2
- 2009/08/21(Fri) -
ETAP-2 4 AUG. 2009 ERDENESANT-TSGF OVOO
S:369.07km TOTAL:369.07km
「陽炎に浮かぶビバークへ」

ラリー2日目、試練の南ゴビへのステージだ。やがて草原はゴビの乾いた砂漠になる。遥か彼方に陽炎が見える暑くハードな一日だが、戦いのフィールドとしては贅沢の限りだ。RCPは村のGS、たっぷりの水分と塩分で体調を整え、一気に駆け抜ければビバークは不思議な木々に覆われた「もうひとつのゾーモット」。前半戦のラリーを闘い終えたの戦士たちに木陰を湛えて静かに佇んでいるだろう。ビバークはタンクローリーによって燃料が無償供給される。



朝目覚めて、テントから顔を出すと、今日も快晴。

目覚まし時計が無い状態でも、なんとか起きれるものだ。

というか、二度寝なんてしたらアウト、もう起きられないというプレッシャーがあるからなのだw

日が昇り始めはやはりまだ気温は低く、Tシャツだけではちょっと肌寒いのだが、美味しいケータリングをいただき、しばらくするとどんどん暖かくなってくる。

ブリーフィングを聞き、マシンの所へ準備をしにいく。

昨夜の内にテントの中で白ガムテープに書き込んだタイミングチャートをタンクに貼り付け、ナビ周りのチェックをする。

ICOのセッティングは、ピッタリだったり短く出たり、まだ固まっていないので今日も215cmでいってみる。

1番車がスタートしていったのを見て、エンジンを暖気しながら「今日はノートラブルで頼むよ」っとマシンにお願いしてみるw

そして、自分のスタートの番。きょう送り出すのはY社長だ。

そしてY社長は「んっ???」って顔をする。

???

Y社長「ライト点いてないよ」

自分「バック?」

Y社長「うん」


ライト不点灯で出走禁止ビバークへ戻される!?



まじかよ~っ!!!

昨夜は点いていたHIDが、このタイミングで逝ってしまう。

急いでH4へ切り替え、点灯を確認しホッっと一息・・・。

慌てない慌てない、まだラリーは始まったばかり、ほんの数十分のロス、これも想定の範囲内、っと気持ちを落ち着かせて、もう一度スタートに戻り、トラブルを抱えるスガワラさんジムニーの後からスタート。

うんっ!やっぱり自分のラリーはこんなもんだなw
辺に懐かしさを覚え、逆にいいらない体の力が抜けたようだw

とにかく目標の一つである「1日でも良いからノーミスコース」の為にナビゲーションに集中する。

rmg 026

rmg 027
<まるちゃんのマシンに付いているか○ちゃんの痛タンクは噂どおり人気w>

ICOの10m表示はどうやら良い選択だったようだ。

100m表示より単純に考えれば10倍の精度が獲られると感じた。

難しい村のナビもバッチリで、なれてしまえば大きな武器になる。

それともう一つの鍵はCAP(進行方位)、今回のコマ図にはCAPの表記が沢山あって、親切に感じた(前回はあまり見ていなかっただけかもしれないがw)

CAPをちゃんと確認していけば、ミスコースする事は少ない、それでミスしたとしてもしばらく行った所でミスと直ぐに気が付く。それと次のGPSポイントの方向とあわせて確認すれば取り返しのつかない所まで行ってしまうという事は少ない。

それと、コマ図の距離とICOが合う前に行動を起こさないでとりあえず、ICOを信じてその距離まで行って見る事。

意外と手前にコマと似たような窪みや分岐が出てきてミスを誘発する。
しかも、それらをやり過ごした後に、誤差と勘違いし距離を補正する。

どんどん悪循環に陥ってしまうのだw

なので、ICOの精度を上げるというのがナビゲーションを成功させる先ず一歩だと思った。

今はまだピッタリとはまっていないので、やはり不安があるし、いまいち自信がもてない。

rmg 029

rmg 030

体がラリーと風土に大分慣れてきたのと、距離が短い事で、案外スムーズに明るいうちにビバークへ辿り着いた。

ガンガンに飛ばしたって訳ではないのに、わりと良い位置にいる?

やっぱり皆、なんらかのミスをしてタイムを落としているようだ。

転倒・マシントラブルは無いので、基本整備を済ませて、ニヤリとしながらICOセッティングを218cmに合わせる。

これでのりおナビ理論が正解なら、明日はノーミスコースを達成できるはず。

rmg 031

ビバークは「もう一つのゾーモッド」と呼ばれる砂漠にここだけ木が生えた不思議な場所。

前回の時もここが後半のビバークで使われた事があって、懐かしさを憶える。

ADVのサブフレームが折れたときはここだったな~www

明日はループコースで、ここがゴールとなる為、ここのGPSポイントをこっそりGPSに打ち込むw


そうそう、そういえばこの日はず~っと南へ行くルートだったのに加えて、30kgバックを輸送するトラックがトラブッてしまい、食器もテントも寝袋も届かないという体験をした。

ペットボトルをナイフで切って食器にしてご飯を食べて、私は有料ゲルテントを利用していなかったので、しかたなくその辺でごろ寝していた。

見かねたスタッフがスタッフテントで仮眠させてくれたが、3時頃荷物が届いた。

テントを建てるのがマンドクサイので、ダッフルバッグを枕に寝袋で星空を屋根に眠った。

ムゴイ・・・w


<成績>

SPECIAL 20位 6:22:54

GENERAL 19位 13:57:24


スポンサーサイト
この記事のURL | ラリーモンゴリア2009 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ラリーモンゴリア2009レポ ETAP3 | メイン | ラリーモンゴリア2009レポ ETAP1>>
コメント
-おつかれさまでした-
この日は疲れましたねー。ビバークが(笑)
この晩、腹痛とかで一睡もできず、翌日から転げ落ちていきました・・・。
もう一つのゾーモット・・・嫌いです。
2009/08/23 00:35  | URL | しま #-[ 編集] |  ▲ top

-しまさん-
本当、おつかれさまでした!
そして、色々とお世話になりました。
走りは実力があるのに、体調不良は不運でしたね・・・。
物凄く悪そうだったので本当心配でしたよ。
あっ電池の件のお礼は今度お会いする時にでもw
2009/08/23 03:00  | URL | のりお #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ilovefreeride.blog57.fc2.com/tb.php/416-5a8ff980
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。