スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ラリーモンゴリア2009レポ ETAP7
- 2009/08/30(Sun) -
ETAP-7 9 AUG. 2009 HARHORIN-HUSTAI
L:45.56km S:137.97km L:55.09km S:200.87km TOTAL:439.49km
「オゴティ・ハーンの夢のあと」

ハラホリンに豊かな水を供給するオルホン川流域は、世界遺産だ。モンゴル帝国の首都なのだが、はるかそれより古い時代のトルコ支配下の歴史遺産も多いところだ。それを記念してトルコが作った新しい道でトルコの歴史博物館までリエゾン。そしてオギーヌールを見下ろす丘に登る。残念なことに試走のときはこのエリアから先へ進むことが出来なかったので今回はルートを南ゴビへふったのだが。2本のSSはいずれもモンゴルの豊かな景観美をみせる。




朝、目覚めると、ゲルの出入り口から眩しい光が。

rmg 051

太陽の光がこんなにありがたいものだとは・・・朝日に向かって拝む気持ちがよくわかるw

昨日の嵐は幻かと思う程の晴天!

帰ってからマシンをまったく触れなかったので、今日は朝のうちに整備を済ませなくてはいけない。

rmg 052

せっかくの世界遺産ハラホリンだが、あまり景色を眺めている余裕は無い。

いつもは帰って直ぐに始める基本整備(コマ図巻き変え・エアーエレメント交換・スポーク緩みチェック・ボルト緩み・脱落チェック・タイヤ空気圧チェック・ライト点灯チェック)をはじめる。

先ずは動かなくなった(という表現がピッタリだろう)マップケースをどうしようか?

ここでばらすには時間が無いしスペアも無い、昨日のようにいちいち力いっぱい回すのでは手が痛くて仕方ないし、走行中は危険。

上のシャフトは電動で回っているので、上だけ繋いで、下のシャフトには巻かずにフリーにする事に。

一応スタート前にエンジンをかけてみて、ヘッドライトの点灯をチェック。

そしてメーター類を起動させようとすると反応しない???

先ずICOが起動しない。

ICOが壊れた時のために、純正のスピードメーターのトリップを予備トリップとしている為、チェックしてみるが、こちらも起動しない!!!

なんでいっぺんに2つとも具合が悪くなるかな・・・?

とにかく先ずはICOをばらしてみたが、特に浸水したって訳ではなさそうなので、電池が怪しい。

シマダさんにボタン電池持っていませんか?と聞くと「ありますよ!」と言って、走って取りに行ってくれた♪
彼は本当に人柄の良い人だ。僕が女性ならまずイチコロだろうw

毎日シマダさんの笑顔に癒されて、十分お世話になっているのに、ここでまたお世話になってしまったw

おかげさまで電池交換でICOは起動した。やった~♪

てことは純正メーターも電池が怪しいので、気温が暖かくなったら復活するかもしれないので、ほっておこうw


今日のスタート時間は各自自由で、SSのスタートの10時までに45.56kmのリエゾンを走れば良いという、非常にユックリしたもの。

ウエアーやブーツはまだ完全には乾いていないが、我慢して着込み自分のタイミングでスタート。

世界遺産の寺院の横を通り抜け、昨日とは違う穴ぼこの無い舗装路を、暖かい太陽を浴びながら、ウエアを乾かしながら、幸せ気分いっぱいで駆け抜けるw

どういう訳か純正メーターも起動wしかし、マップホルダーは都合が悪い。

下は巻かずにフリーになっている為、振動でだんだん自動巻上げになってしまい、その度に止まって蓋を開けて巻きなおすという作業・・・完走には支障をきたす訳ではないが、これじゃ~まともに走れないし、コマを見落としてコーションに突っ込んで撃沈なんて事にもなりかねない。

どうしよう?と考えながら、あっという間にSSのスタートへ。
まだ時間はある。

ナイフでタオルを切って、マップのロールの両端に詰め込んで、回り止めにしてみた。

rmg 077

そしてSS1をスタート!

走り出してから10km程行くと、もうコマ図が自動巻上げされていて「クロスピストを左」の所で止まって修理、焦る事は無い。

ちょっと弱かったなという事で、ナイフを取り出しタオルを切って、厚みを増やしてみる。

そうこうやっていると、シマダさんとオザキさんがバトルしながら、物凄いスピードでここへやってきたので、「あっちあっち」と指差したが、止まれる訳も無く豪快にクロスピスト直進でミスコースw

2人共、直ぐに引き返してきたが、おもしろかったw
たまにこういう所で止まってみるのもいいもんだw

タオルの調整?を済ませて再スタート。まだちょっとずつだが、自動巻上げは改善されていない。

そして案の定、コマを見落として全然気がつかないままミスコース。

町が見えて、その町の左角を目指すはずなのに、右側に来ている。

ちょっと高台の所だったので、町に向かうピストがかすかに見えたので、それに向かって横切ろうと言う決断。しかし、それが今回1番の決断ミスになった。

遠目には解らなかったが、そこは一面田んぼw

もしくはレンコン畑w

しかも背の高いススキの様な草があったり、例の根がボッコンボッコンの植物・・・。

しかもそこには町からの排水だろうか?見るからに体に悪そうな白い液体が一面に溜まっていた。

スタックして捨てられているトラックが見えて、これはヤバイ所に来てしまったぞと思いながら、慎重にそのピストを目指していたが、やっぱりwつる~っと滑って転倒・・・。

ああ~もう面倒くせ~とか思いながら悪戦苦闘していると、スガワラさんジムニーが登場。

倒している所を見られてしまったがwやっぱりここがオンコースのようだ。

その後、そのピストには乗れたが、やっぱり田んぼ。
今思えば、ミスコースした村の右の高台からそのまま迂回すれば良かったな~後悔先に立たずw

(後で聞いた話だが、塾長はそんな田んぼ通らなかったと言っていたw)

なんだかんだで町をクリアーし山岳に入りドロドロのままCP1へ到着。

前回の田んぼの時もそうだった、そんな時は必ずCPのスタッフは「アシヨシさん」のような気がするw

「水撒いておきましたよ♪」

「オショウスイですか・・・」

なんて会話をしてから、SS続行w

昨日の雨の影響か?もともとそうなのかわからないが、ピストは破壊されてクラックになっている所が目立ってきた。

起伏が有る所では当然だし、シングルコーションも成長して危険度が増している可能性が高いので、危険レベルを上げて、ここは我慢の場所と決めて慎重に行く。

そして、ぱっとしない走りのままSS1の終わりの距離まで来たが、CPが無い???

「お~いっ!」と言う声が左から聞こえる?

ふと左を見ると、うなぎさんやいおろいさんやゴールした皆さんw

直ぐ横なのになぜか全然気がつかなかった?恥ずかしい所を見られてしまったぜっw

rmg 054

rmg 053
<塾長のペットボトルを加工して作ったGPSホルダー、タンクからマップケースから全て手作りは素晴らしい。見習わなくては>

この後は、55kmの舗装リエゾンを2時間でSSまで走れば良いので、ランチパックをいただき給油を済ませても大分時間がある。

SS2に到着してから、都合のまだ悪いマップホルダーをいじくる。

タオルを切って感触を確かめながら詰め込む。

完璧だw

しかし、止まらないと戻す事は出来ないので、慎重にコマを巻かなくてはいけないし、ミスコースできない。これが功を奏したのか?SS2の200kmはミスをしていないw

コースは南ゴビのようだが、昨日の雨でやはり表情はまったく違う。

クラックは増えているし、水溜りも道を塞いでいる。

ピストは濡れている所を踏むと思いのほか滑るので、水溜りはピストを外してでも避けたほうが無難。
しかし、ピストを外すという行為は危険なので慎重に歩を進める。

SS2は、まるで水溜り避けゲームをやっている感覚で、決して気持ちの良いものではなかった。

ペースも上がらないし、ほとんど誰にも合わなかったし、今日は流石に順位を落としただろう、と思いながらビバークへ到着してみると、思いのほか到着している人が少ない?

「イケダさん」が拍手で迎えてくれるほどw

しかも、なんで今日も30kgバッグは届いていないんだw

rmg 055
<ウオッカでやられてしまったしと↑現地の方ではありませんw>

あと残す所85.13km。

ほとんど決まったようなものだが、何が起こるかわからないのがラリー、最後まで気は抜けない。

いつものように変わらず、基本整備を済ませてから、皆で集い、笑いながら美味しいご飯をいただく。

この時間が、明日で終わってしまうと思うと、やはり何か寂しい気持ちになるものだ。

ラリーの初日には、こんな事が後7日も続くのか・・・なんて思ってしまうのだが、ここまで来るとずっとこの時間が永遠に続けばいいのにな、なんて思ってしまう。

rmg 056

たぶん、このラリーでこの夕日を見るのはこれが最後。

今度、この大草原の夕日を見ることが出来るのはいつになるのか?

いや、いつなんてどうでもよい、また必ずここに戻ってくる。

日は沈み、また日は昇る。



<成績>

SS1 19位 2:13:30

SS2 9位 2:57:49

GENERAL 10位 45:32:2


スポンサーサイト
この記事のURL | ラリーモンゴリア2009 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ラリーモンゴリア2009レポ ETAP8 | メイン | ラリーモンゴリア2009レポ ETAP6 後半>>
コメント
--
周りをね、よく見ないとねwwww

真面目な話、周りを見て行先の情報を得ないとね。
起伏、グリーンベルト、植物、建物などなど。

2009/08/30 21:25  | URL | ウォッカでやられたしと #-[ 編集] |  ▲ top

-ウオツカでやられたうなぎさんw-
いや~CPでは恥ずかしい所をお見せしてしまいましたw
絶対にこの道で合っていると思って走っていたのですが・・・まだまだですねw

しかし民族衣装、よく似合っていましたよ。
やっぱりアレ位カップクがよくないとw
2009/08/31 00:34  | URL | のりお #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ilovefreeride.blog57.fc2.com/tb.php/422-e8dab67a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。